2020年04月23日

目線を変えて緊急事態宣言を見る2

前回に書いた理由から、大日本帝国の再現は近い。


独裁国家への道を進んだ日本は、その後どうなるか。

もちろん憲法改正される。

自衛隊は正式に軍隊となリ、拡張される。

そして今、新型コロナウイルスによって、アメリカと中国の間に亀裂が入っている。

というか、元々あったのかもしれないけど、亀裂が広がっている。

米中の対立に関して、日本に選択肢はなく、アメリカ側につくしかない。

今回の事で、ヨーロッパの国々も中国に不信感を持っているから、アメリカ側につく。

包囲網が出来上がり、中国は国際社会から孤立する。

関係悪化の進行は止まらず、まず経済制裁が発せられる。

貿易はストップ。

アメリカにある中国の資金は凍結され、中国が保有しているドル建てのものは、全て無効とされる。

追い詰められていく中国。

民衆はもうガマンの限界で、共産党への不満が爆発寸前になっている。

いよいよ、もう後がなくなった。

このままだと体制崩壊か、あるいは.........やる。

中国がそれに踏み切ったとき、そのとき独裁国家になっている日本は、当然応じる。

アメリカの財布となり、最前線で盾となり、鉄砲玉になる。

結局最後は、アメリカの鉄砲玉。

いいように利用されただけだった。

これは悲しい。

緊急事態宣言を軽く見て、政府をナメて好き勝手やったツケは、これだった。



東村山市栄町1-2-12 3F
久米川木内ボクシングジム
042-395-0311

posted by kiuchi at 18:31| 日記 | 更新情報をチェックする