2018年12月02日

おやじファイト 折笠vs吉田アーミー真

相手は元A級ボクサー。

さすがだった。

プロの戦い方、試合展開だった。

その選手と、真っ向から五分に戦った折笠もさすがだ。

試合始まると、低い姿勢から飛び込んでパンチを振るう。

離れた距離からの踏み込みが速く、迫力がある。

そこからくっつかれて押さえて、反撃できない。

もみ合いになって、身長差があるため、下からグイグイ突き上げながら押される。

1ラウンド目、ペースを握られた。

2ラウンド目、折笠のパンチも当たりだしたけど、後が続かずペースを奪うまではいかない。

そして、やはりくっついてからのもみ合いは、折笠にとってやりにくい。

3ラウンド目、折笠がペースアップすると、相手もペースアップ。

激しい打ち合いになる。

それでもお互いクリーンヒットをほとんど奪えない、ハイレベルな戦いだった。





posted by kiuchi at 15:54| 日記 | 更新情報をチェックする