2011年11月14日

神経集中

 ボクシングは野球やサッカーなどとは違う。

まず第一に守り。

ディフェンスこそ一番重要。

たとえチャンピオンになったとしても、パンチドランカーになっては元もこうもない。

攻撃は二の次。

練習はサンドバッグ、ミットなど、どうしても攻撃だけになってしまう。

そこで常に、相手のパンチが飛んでくることを意識する。

一番やらなければならないのは、神経集中しながら攻防一体のシャドーボクシング。

神経をピリピリさせ、守りながら攻撃する。

相手の動きをシュミレーションしながらのこれは、ものすごい神経を使う。

この神経使いながらのシャドーは、疲れ方がハンパじゃない。

これに練習の大半を割いてほしい。




posted by kiuchi at 23:22| Comment(0) | ボクシングを語る | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください