2011年02月23日

試合の前 英和

I was thinking about death every time when I have a before fight.
 私は試合の前、いつも死について考えていました。

Then I thought treasure everything.
すると、なにもかもが愛おしく思えました。

It is not only material but also past memory and other.
物だけでなく、過去の思い出などもです。

My past life was reflected in frout of me like a round flashing.
過去の人生が、走馬灯のように目の前に映し出されました。

I remind of my enough life by there.
それらにより、まんざらでもない自分の人生を再認識します。

I treasured it deep my hart, and approached to fight.
それを心に深く刻み、試合に臨みました。

I supposed death to on the ring.
リングに上がることは、死を前提に考えました。

No longer now, It may funny.
今となっては、おかしい事かもしれません。

But I was the serious at that time.
しかし当時は超本気でした。

And it is better end than be killed in street accident and other, so I thought.
そしてそれは、交通事故などで死ぬよりも良い終わり方だと考えました。



posted by kiuchi at 00:34| Comment(0) | 英和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]