2011年02月16日

小説の一文 英和

"Death is not a negation to live, that's on together line of live."
 「死は生の対極にあるのではなく、生の線上にある」

This is a one sentence in the certain favorite novel.
これは、ある人気小説の中の一文です。

I may think to about death sometimes.
私はたまに、死について考えることがあります。

Then, this sentence come to my mind everytime.
そんな時、いつもこの文が思い浮かびます。

But for tha life of me I cannot understand this mean.
しかしどうしても、この意味が理解できません。

For the life of me I cannot think same line to live and death.
どうしても生と死を、同じラインで考えることができません。

This is mean that death is be present in this live.
この生きている中に、死が存在しているということです。

It is too difficult to me.
私には難し過ぎます。



posted by kiuchi at 00:30| Comment(0) | 英和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]