2011年01月12日

2011年お正月9

 今回は時間がない中で、いかに効率よくタイを楽しむかだった。

観光は近場で、しかも友達の車で周れたおかげで、ちょこっと行ってすぐ帰ってこれた。

ビーチと、もう一つ行った所がある。

歴史の町、シャムの都、アユタヤだった。

ビーチとアユタヤ、いずれもバンコクから、高速道路使って一時間程度。

昔々、山田長政の本を読んだことを思い出した。

江戸時代前期ぐらいまで、そんな時代に、こんな遠い異国の地に日本人町があり、隆盛を誇っていたなんて感慨深いものがある。

歴史上、ここで日本人が活躍していたということを、常に頭に入れながら歩いていた。

街中、至る所に遺跡が、ありがたそうでもなく普通にある。

朽ちかけたレンガ造りの遺跡なんかが、道沿いに当たり前のようにある。

日本の歴史上の建造物は基本的に木造だけど、こっちは基本レンガ。

日本であまり見かけない赤茶色、巨大で壮大なレンガの建造物が並んでいる。

日本人に大いに関係深い、異国の壮大な歴史の眺めだった。


 
posted by kiuchi at 11:19| Comment(0) | お正月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください