2010年10月22日

妄想日記 ノースバンクーバー7

 ノースバンクーバーの街中の、一軒家のようなカフェでコーヒーを飲みながら、さっきの出来事を振り返っている。

どうしてあの絶望的状況を切り抜けることができたんだろうか。


まず、”こういう時こそ冷静になれ、冷静にしっかりと状況を見極めるんだ”、と自分に言い聞かせた。

これが全てだった。


とっさに戦う以外の道はないという判断ができ、余計なことをせずに戦闘モードに入った。

生死がかかった状況で五感が研ぎ澄まされ、さらに第六感が働き、グリズリーの先の動きが読めた。

あえてリスクを冒さず、最後は相手の自滅を突いた。


ここまで考えて、ふと気付いた。


これは全て、ボクシングの試合の時と同じじゃないか。

またボクシングに救われたのか。




posted by kiuchi at 03:58| Comment(0) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]