2010年10月20日

妄想日記 ノースバンクーバー4

 グリズリーとの距離が詰まってきた。

もはや道は一つ。

死の淵ギリギリに追い詰められた今、選択肢など無い方が有難い。

信じられないほど冷静だった。

五感が研ぎ澄まされていた。

一瞬ヤツの動きが止まる。

”来る!”

二本足で立ちあがった瞬間、爪を振り下ろしてきた。

バックステップとスウェーを併用してそれをかわすと、バランスを崩して突き出してきたアゴに右アッパーをカウンターで決めた。

すぐに次の攻撃に備える。 まだこっちから仕掛けるのは危険だ。

次々に狂ったように爪を振り回してくる。

こいつはストレート打てない。 全部大振りのフックだけだ。

明らかにヤツのスピードが鈍ってきた。

そりゃそうだろう。 あれだけ全開で振り回して空振りしていたら消耗激しいのは当然だ。

学習能力低いな。

バランス崩す回数も増えてきている。 完全にブンブンブンブン扇風機だ。

ここだ! 直感だった。

サイドステップでグリズリーの横に出ると、驚いたヤツは慌ててこっちを振り向いた。

その瞬間、振り向いた勢いを利用して、やつの眉間に右ストレートをカウンターで叩き込んだ。

グギャワアー!!!


  つづく





posted by kiuchi at 16:21| Comment(0) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]