2010年01月08日

2010お正月11

 朝起きると頭痛い。完全に風邪だ。
昨夜はカートやった後、車に戻ってダウン。
みんなには悪かったけど、もう動けなかった。

しょうがないのでバンコクに戻って、夜中というか早朝というような時間に宿にチェックインした。

ここは日本人宿で、何回も来ている。
リビングで、我が家のようにくつろげる雰囲気が大好き。
ここに来ると、よく以前ここで知り合った人と再会できたりする。
よくというより、不思議なことに必ず一人や二人偶然の再会がある。
みんなこの日本人宿の居心地良くて、リピーターになってる人達だ。

頭ガンガンするけど、せっかくタイに来たのに寝込んでるなんて愚かなことできない。
とにかく自分は絶好調、ということに決めて外に出た。

まずは数年前、所属したジムへ。

SANY0190.JPG

"HOME OF CHAMP'S"

SANY0189.JPG

ちょうど昼時で、もちろん練習してる人はいない。
タイのジムでは国際式ボクサーのトレーニングは、基本的に朝2時間ぐらい、夕方からまた2~3時間ぐらい。
タイ式ボクサー(ムエタイ)は、もうちょっと長いような気がする。

SANY0186.JPG

ホント懐かしい。
全然変わっていない。

SANY0187.JPG

ここで必死こいて練習した。
あの日々が思い出される。
あの頃の選手メンバーはもう誰も残ってないだろう。
会いたいのはイラン人マネージャーのアミ―ルと、トレーナーのポンサク。

SANY0188.JPG

「イクスキューズミー!」
ジムの宿泊所の方へ歩きながら大声で呼んだ。
すぐに中東系の一人が出てきてくれた。
知らない顔だった。
「アミ―ルはいますか?」
「アミ―ルは今イランに里帰りしている。8日に戻ってくる。」
ダメだ。5日の早朝には日本に帰る。
確かに今日は1月2日だもんな。外国はあまり正月関係ないと思ったけど、甘かった。
「じゃあポンサクは?」
「・・・・・・・・・」
知らないみたい。
ここ数年の間にここのトレーナーやめちゃったのか。

何も変わっていないジムの景観を見て、一瞬時間が戻ったような錯覚を覚えた。
でももうおそらくここにはマネージャー以外知ってる人はいない。
練習の雰囲気も全然違うだろう。
ここだけ時間が止まってるなんてあるわけない。何でもどんどん変化している。




posted by kiuchi at 14:12| Comment(0) | お正月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください