2009年09月22日

シンガポール6

 しばらくしてガダフィの弟が一緒に住むようになった。これでガダフィと弟、ジュリアナ、自分の4人での生活が始まった。
弟は元マフィアで、すでに足を洗ったらしい。なかなか明るくて感じのいいヤツだった。
ある日ガダフィが自分に言ってきた。
「キウチ、マフィアやる気ないか?」
冗談じゃない。絶対嫌だ。
「悪いガダフィ、俺はボクサーだ。ボクシング以外は何もやる気ない。」
元マフィアの弟が横から言ってきた。
「そうだキウチ、マフィアは最悪だ。絶対にやめとけ。」
えらい。弟えらい。味方だ。
でも好奇心で一応試しに聞いてみた。
「どんな仕事なんだ?」
「お前にできることは一つ。ボディガードだ。」
普通のボディガードならまだしも、マフィアのボディガードなんて死ねって言うようなもんだろう。

posted by kiuchi at 23:07| Comment(0) | シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]