2020年06月15日

最前線で立ち向かう

新型コロナウイルスに対して、最前線で立ち向かう准看護師、林耕佑。

8月の試合は不確定だけど、いつ決まってもできるように、練習は欠かさない。

みんな応援している。 がんばれ!





東村山市栄町1-2-12 3F
久米川木内ボクシングジム
042-395-0311


posted by kiuchi at 19:26| 日記 | 更新情報をチェックする

バイクに例える

それにしても、同じパソコンとは思えないぐらい超速い。

もう限界かと思っていたMacBook Proが、メモリ増設と、HDDからSSDへの交換で完全に復活した。

かかった費用は部品代2万円。

これにより、パソコンを買い替えなくてもよくなった。

こんな時期だから、すごく助かった。

自分の使い方からすると、これであと5年はいける。

しかしこんなことを可能としていたら、新しいパソコンが売れなくなってしまうんじゃないかと思う。

こっちとしては嬉しいけど、メーカーからしたら痛いだろう。

そしたら、今の現行MacBook Proは、そんなことできないらしい。

本当のことは知らないけど、そうだとしたら、これは古き良き時代のクラシックマシンと言える。

バイクに例えると、メカ音痴だろうが不器用だろうが、とにかく誰でもいじっていた、80年代後半の走り屋御用達2ストレーサーレプリカ。

具体的には、NSRやTZRやRGVΓ、それに加えてマニアックなKR-1、に当たる。



東村山市栄町1-2-12 3F
久米川木内ボクシングジム
042-395-0311


posted by kiuchi at 15:46| 日記 | 更新情報をチェックする

毎月15日は

今日は15日。

毎月15日は、なんの日か。

そう、ボクシングマガジンの発売日。

当然今日もボクシングマガジン7月号の発売日。

ボクシングマガジンでまず見るのは、最初の方に出ている、大々的にカラー写真満載の大試合結果。

それから世界各地で行われた世界戦、注目の試合、日本国内の試合結果が、試合経過を解説しながら出ていて、総評となる。

その後、特集などを見ていく。

しかし、今月も先月も先々月も、全く試合がない。

それでも長い特集を組んで、ボクシングマガジンは成立している。

今月の日本の歴代世界チャンピオンも、先月の辰吉丈一郎特集も、先々月のオールタイムパウンドフォーパウンドも良かった。

自分が若い頃、心踊らせていた思い出が蘇った。

試合がなくても、こうやってボクシングマガジンは作られていく。

たぶん、こういう特集は無限にできるんじゃないか。


東村山市栄町1-2-12 3F
久米川木内ボクシングジム
042-395-0311




posted by kiuchi at 11:43| 日記 | 更新情報をチェックする