2020年05月26日

ムエタイの賭け方

昨日、ボクシングも賭けの対象にして、やり方はタイのムエタイをパクればいい、と書いた。

じゃあムエタイはどんな賭けのやり方をしているのか。

結論は、わからない。

でもこれ、日本人でわかる人いるのか。

そう簡単には見つからないと思う。

もしかしたら、一人もいないんじゃないかという気さえする。


ラジャダムヌンスタジアムもルンピニースタジアムも行ったことあるけど、とにかく見てても絶対わからない。

ラウンドごと、というか多分、ラウンドの最中なんかでも、賭け率変わっていってるような感じがする。

ギャンブルエリアの観客席には、カジノでいうディーラー、賭博でいう親のような人がいるけど、見てても何やってるのかさっぱりわからない。

見ているだけでは、一生かかっても理解できないだろう。

もし日本人で、ギャンブルエリアの観客席に座って、普通に賭けやってたら相当かっこいいし、尊敬する。

見た目もしゃべりも、現地人と見分けつかないぐらいにならないと、まずあのギャンブルエリアに入ることすらできないだろう。

日本人とわかった瞬間、一番高いリングサイド席のチケットを問答無用で買わされる。



東村山市栄町1-2-12 3F
久米川木内ボクシングジム
042-395-0311


posted by kiuchi at 21:36| 日記 | 更新情報をチェックする

さすがプロボクシング界

ロードマップの緩和で、ステップ2になりそうなスポーツジム。

勘違いしてたけど、今まではステップ3にも入っていなかったらしい。

まだまだ休業要請は続けるつもりだったみたいだ。

危ない危ない。

何度も言ってるけど、そもそもうちのような小規模ボクシングジムを、不特定多数の人が出入りするスポーツジムと同じに扱うというのが間違いだ。


そういえば、柔道や空手の道場なんかも、スポーツジムのカテゴリーに入ってたんだろうか。

違うような気もするけど、じゃあどこのカテゴリーかと言われると、他に思いつかない。


ボクシングは、協会とコミッションが独自のガイドラインを作り、再開できるよう東京都に働きかけていた。

ひょっとして、これが効いたのか。

いずれにせよ、そういうことをやっていたというのはナイスで、さすがプロボクシング界。


カラオケは緩和されたとはいえステップ3。

もういい加減、勘弁してやらないと潰れてしまう。



東村山市栄町1-2-12 3F
久米川木内ボクシングジム
042-395-0311


posted by kiuchi at 20:56| 日記 | 更新情報をチェックする

格上げ

国が出した緊急事態宣言は、単なる目安のようなものだったか。

それぞれの自治体から出される方針が全てだった。

国が緊急事態宣言解除したと言っても、東京都が解除していないから、なんの意味もない。

東京都はSTEPを踏んで、順次休業要請などを解いていく。

そして嬉しいことに、スポーツジムがSTEP2に格上げされそうだ。

これだと、今月末で休業要請解除の可能性が高い。

3のままだったら、まだまだ先だった。

ボクシングジムがスポーツジムと一緒にされるのは納得いかないけど、今月いっぱいなら別にいい。



東京都 東村山市 栄町 1-2-12-3F
久米川木内ボクシングジム



posted by kiuchi at 15:43| 日記 | 更新情報をチェックする