2020年05月08日

マイナンバーカードとマイナポータル

10万円給付金をオンライン申請するには、マイナンバーカードが必要だ。

めんどくさがって、今まで取っていなかったことを後悔した。

なくても困ることないから、だったらわざわざ欲しくもない。

しかしそういうことなら話は別。

一刻も早く欲しい。

慌てて申請した。

スマホでやったら、あまりにも簡単だった。

でもこういう人は多いだろうから、申し込み件数が激増していそうだ。

なので交付までには、時間かかることを覚悟している。

市の受付始まったら郵送で申請書類が届くそうだから、そっちの方が早いかもしれない。

そしたら今回はオンライン申請しないけど、今後、マイナンバーカードあるといろいろ便利そうだ。

こういった行政手続きがスマホでできるアプリ、マイナポータルもダウンロードしておこう。

知らなかったけど、実はすごく使えるかもしれない。



東村山市栄町1-2-12 3F
久米川木内ボクシングジム
042-395-0311

posted by kiuchi at 21:00| 日記 | 更新情報をチェックする

ケチばっかつける

自粛要請を禁止と置き換えると、意味が通じるようになった。

ずばり営業禁止とか、不要不急の外出禁止と言ってほしい。

ここでまた、難しい問題に直面した。

そう、「不要不急」だ。

これも今まで、使ったことなかった。

捉え方によって変わるし、線引きも難しい。

なによりも、本人がそう言っても他人から見れば全然そうじゃないということが多そう。

つまり自分では判断できないということだ。

そして他人だって判断できない。

じゃあ誰が決めるのか。

客観的に、感情なしで平等に判断することは、人間では不可能。

神様はいない。

となるとAIしかない。



東村山市栄町1-2-12 3F
久米川木内ボクシングジム
042-395-0311

posted by kiuchi at 17:29| 日記 | 更新情報をチェックする

自粛要請を禁止に置き換える

「自粛要請」という言葉、普通に使われているけど、なんとなく違和感ないだろうか。

「自粛」って自分からやることで、「要請」って人から言われることだと認識している。

人から言われてやるんなら、自粛とは言わないんじゃないか。

しかも言われて、仕方なく嫌々やることは、自粛とは言わないんじゃないか。

文句言いながらしょうがなくやってることを、自粛というのか。

要請って言葉も曖昧だ。

場合によってよりけりで、お願いだったり命令に近かったりする。

今回の、新型コロナウイルスに関することによる要請は、命令とは言わないけど、お願いではない。


今回使われている自粛要請の場合、「禁止」という言葉に置き換えてみる。

不要不急の外出禁止、営業禁止。

お、なかなか合ってるんじゃないだろうか。



東村山市栄町1-2-12 3F
久米川木内ボクシングジム
042-395-0311

posted by kiuchi at 09:07| 日記 | 更新情報をチェックする